「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」 花田 菜々子 著

とにかく主人公とサイトで出会う人々の、変わりたい!自分を変えたい!誰かと出会ってエネルギーをもらいたい!と願う「変革の渇望」みたいなものにあてられてしまった。

著者はヴィレッジヴァンガードの店長(当時)の女性。
結婚生活が行き詰まり夫と試験的別居を試みる彼女は、現状打破のために出会い系サイトXを使ってもっと自分の世界を広げようと考える。
会えた人にピッタリの本を勧めるというメッセージをプロフィールに登録、その変わったメッセージにサイト上では次々反応があるのだが、もちろん中にはナンパ目的の人や変わった人もいて、沢山の刺激的な出会いが彼女に訪れるのだが…。

「本を勧める」とあるので本がメインと思いきや、本はあくまでも小道具に過ぎない印象で、そこは期待はずれ。
果たして70人のうちの何人がオススメされた本を手に取ったのかな?そしてその本はその人の心を動かすことができたのかな?個人的にはそんな人が一人でもいればいいなと思う。
ただ、そもそもその出会い系サイトに登録している人は「本が読みたい」から接近して くるわけではなく「出会い系サイトで本を勧める活動をしているという変わり種の女性に会いたい」からアクセスしてくるわけだから本が付け足しみたいになるのは仕方ないのかもしれない。

山と山は出会わないが、人と人は出会う。
これは時折思い出す随分前に本で読んだ言葉で、今回ネットで検索してみるとスワヒリ語のことわざらしいと分かった。
山は自分からその姿やあり方を変えることは出来ないけど、人は誰かと、何かと出会うことができる。
出会いこそが人間が持っているアドバンテージであり、自分を変える「触媒」となるものだ、とそう解釈している。

最近、友人からAIアシスタント端末をプレゼントされた。
料理のタイマーや天気予報などに利用しているが、実は主に使っているのはBGMを流すスピーカー機能で、特に分野もアーティストも指定せずにおまかせで曲を流してもらうのだ。
長いこと題名も分からないままにしていた思い出の曲の題名が判明したり、名前も知らなかったアーティストにすっかりハマってしまったり。
これが実に面白い。
たぶんその理由は、AIがランダムに選択する曲との出会いは、自分ではどうにもコントロールできないというところにあるのではないかと思う。

本書のように出会い系で見知らぬ他人に会うこともまた、自分では100%コントロールできないというところが一番の魅力なのかもしれないと思う。
人知を超えた「運命」とでも呼ぶような大きな力が働いているかのような期待感。
人は自分の生活やスケジュールを管理したいと願いながら、一方で自分自身ではコントロールできない出会いに自分を狂わせて欲しいと願っているものなのかもしれない。
翻弄されて、燃やされて、その灰の中から新たな自分が生まれることを心の底で狂おしく望んでいるのかもしれない。
本書を読んで、主人公とサイトで出会う人々の、変わりたい!自分を変えたい!誰かと出会ってエネルギーをもらいたい!と願う「変革の渇望」みたいなものにあてられながらそんなことを考えた。